読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

春夏秋冬 全日空ホテル

グルメ 暮らし

 

f:id:happyengel:20170306103459j:image

 

全日空ホテルの二階にオープンした、串カツの店、春夏秋冬 でランチ。

ホテルは、通常、サービス料金がつくが、ルクサの特別料金を使うと込み。

通常は2900円の、ランチコースに、ワンドリンク付いて、2400円ほどで買えた。

 

f:id:happyengel:20170306103606j:image

 

f:id:happyengel:20170306103626j:image

 

 

当日予約できるので、電話したら、オーケー。

全日空ホテルの二階にあるのだけど、わからなくて、迷った。

中に入ると まだ客はいない。

私達が入って、座った頃、隣の予約席に、4人。こちらは、5000円のコースのよう。

串カツは、上品に仕上げて、美味しい。ドリンクのワインは、二杯。友人に。

 

f:id:happyengel:20170306103704j:image

私は夜の部も控えているので、昼食には控えた。

串カツのあとの、じゃこ飯も美味しい。最後に出たデザートのシャーベットが美味しい、と言うと、

他のものは、もう1つ、と言う意味になる。

勿論、串カツも美味しいが、

串カツは、どこの店に行っても、そう変わらない。

高級感を大切にしている 店では。

大阪では、だるま屋の串カツが、道頓堀に何軒もあるが、わたしは行ったことがない。

二度つけ禁止と書いている。串カツを食べすぎる店は行かない。

8本とか、10本、創作串カツを楽しみたい。

串カツ専門店のコースは、だいたい12本。合計の量が、 一枚程度のもの。一枚のカツは、単調。様々な素材を、その素材の良さを生かして、最高に仕上げたカツを楽しむのが、串カツの醍醐味というもの。

 

f:id:happyengel:20170306103819j:image

 

f:id:happyengel:20170306103833j:image

f:id:happyengel:20170306103845j:image

 

f:id:happyengel:20170306105240j:image

 

 

ロビーに、由緒ありそうな、立派なおひなさまが。

 

 

 

本格かつおだし、佐々長製のつゆ

暮らし グルメ

f:id:happyengel:20170304113301j:image

 

甲状腺ホルモンが低下してきている。

ヨードを取らないように。医者は言う。

取ってないのですが、と私。

出汁にも入ってますから、と医者。

家に帰って、出汁を調べたら、イカリで買って、使ってるものが、全て、昆布が入っている。

サラダにバンバンふりかけていた、美味しい酢、減塩だし、イカリのポン酢。お好み焼きにも入っている。これらを束ねれば、相当のヨードを取っていたことになる。

慌てて、天然のかつおやアゴだしで、出汁をだし、うどんなどのつゆを作って食べだしたが、面倒だし、足しに使うのにも不便。その上、美味しくしようと、多量使う。

先日、友人にその話をしたら、彼女は、岩手のつゆを使っているという。

高島屋で売っていてる。昆布は入ってないのか、ネットでチェックした。鰹をふんだんに使っていると書いてて、昆布の記載はない。ネットでの最安値は、友人が買っているものよりも安い。

 

早速、家に帰ると、ヤフーのサイトであるかを調べて、注文。

ヤフーでの、値段は、店によって全く違う。その中で、安くて、配達料金が690円の所を選んだ。

配達料金は、結構響くので、二本。

すぐに、配達されてきた。

まだ、使っていないが、調理師資格を持ち、料理上手の人が使っているもの。

信頼している。

1リットルのサイズだから、随分使える。

 

高島屋では、一本1650円くらいだそうだが、ネットでは1290円。

ちなみに、重宝していた 鎌田の出汁醤油も、創味のつゆも、昆布が入っている。

外食では、昆布出汁がどれにも入っている。料理の美味しい店は、ふんだんに使っている。

外食では、気にしないで食べようと思っている。楽しむためにも、家でのセーブが必要だと思う。

 

 

 

ララランド

映画 グルメ

 

f:id:happyengel:20170303010112j:image

尼崎のmovicsに、ミュージカル映画、ララランドを観に行きました。

滅多に観たい映画がない友人が、新聞の切り抜きを持ってきて、始まったら観たいと言っていた映画です。

映画館の前にある 西村屋の前で待ち合わせ。朝食が11時までのサービスなので。

10時50分に店に行ったのに、朝食の看板がありません。

中に入って、朝食を頼むと パンがなくなって サービスは終わったというのです。

 

 

朝食は、800円でコーヒーとサラダ、卵とハムなどがついていて、お値打ち。

節約志向の友人は 遠いところから、頑張って出てきているのに、申し訳ない。

1050円のプレートに変更。わずかなことで、ケチって、と我ながらおかしくなった。

店の中で 他の人は皆、朝食を食べているのだから 女性は、そう言うところ、シビアーなのだ。

映画館のチケットを変えてないので、食事が終わってから  店で待ってもらって、

株主カードでチケットをもらいに行った。

映画は、大阪でもやっているけれど、株主カードを使える映画館が限られている。

チケットの半券があると、西村屋の半券サービスを受けられることを思い出して、

チケットを取りに。会計で、チケットを提示したら、西村屋のコーヒー飴がサービスだった。

映画館の中は、平日なので、がら空き。

アカデミー賞の作品賞を間違えられた映画。

 

f:id:happyengel:20170303010129j:image

ミュージカル映画としては、楽しめる映画だった。劇中の、ピアノの演奏が素晴らしく、黒人系のジャズシンガーの歌がとても上手だった。

主演のエマストーンが、美しくて、キュートで可愛い。ライアンゴブリンズとの息の合ったダンスが素敵。

f:id:happyengel:20170303010144j:image

f:id:happyengel:20170303010153j:image

監督は、シェルブールの雨傘 が好きで その雰囲気のある作品を作りたかったとか。

大きなスクリーンで 観なくちゃ 、と思わせる。

終わって 感想を話し合い人がいるのも良い。

帰りに 、以前に一度入った 近くにあるホテルの喫茶に入った。以前に ケーキセットが600円で美味しいと思った所に。

 

f:id:happyengel:20170303010419j:image

喫茶だけでなく、食事も出来る。今度はここにしようと言いながら、ケーキセットに。

さすが、女性達。選べるケーキの高いものは売り切れが多い。480円のケーキはなかった。420円のケーキは少し残っている。

紅茶は、ポットで。コーヒーはお代わり出来る。セットで650円という安さが嬉しい。

ケーキの味はもちろんグッド。

西村屋のケーキセットは、950円。大阪店に良く行くのだけど、それくらいでも、安い方だと思っているのに、このホテルは、なんというサービス。

食事のレパトリーもあって、ワインやビールも揃っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

痛い内視鏡検査。火曜日は厄日だった。

暮らし

 

f:id:happyengel:20170301090005j:image

 

胃と大腸の内視鏡検査に行ってきました。

バスを乗り継いで病院に行きました。汚れるかもしれないから、気になる人は着替えを持ってくるように書いてたので、上着を持って行った。

血液検査のあと、消化器内視鏡検査の4階に行ったら、着替えの服をもらって、着替える。これなら、着替えの服いらなかった。

注射針を挿し入れて、テープで固定。睡眠導入剤と鎮痛剤は、ここから入れるので、注射針を刺さなくて良い。固定しておかないと外れる可能性があるから。

 

f:id:happyengel:20170301090023j:image

その時に、麻酔を効かせてくださいと頼んだ。

知らないうちに終わって欲しいと頼んだ。

じゃ、多めにします、と言ってくれて、ホッとしていた。

ベッドに横になって、喉に麻酔を奥の方でできるだけためて堪えた。もう飲み込んでくださいと言われた。

 

f:id:happyengel:20170301090302j:image

腕の注射器を入れて、口にワッカを加えて、この辺で、私の意識は遠のくのが、これまでの体験。

それが、今回は少しも。意識ははっきりしたまま。

どこかでうつらうつらという状態になったはずだけど、チュウブを入れられて、痛い。痛い。

痛いと訴え続けていた。

時に、大腸の内視鏡は辛かった、という話を聞いていた。

病院では、睡眠導入剤を入れなくても痛くないくらいなのです、と言っていた。

下手な医者にされると、このように痛いのだろう。研修医ではないだろうか。

火曜日は、私のアンラッキーな日なのだけど、そんなことに左右されていたらダメ、と思って、火曜日の検査を受け入れた。

一旦は、水曜日にしてください、とお願いしたのだが、火曜日と指定されて、部長に検査してもらえるかもと。

とんでもない。検査場に現れたのは、みるからに若い人。

もうやりたくない。睡眠薬導入剤は、後できいて、終わってからソファで1時間休んで帰るのに、二時間半も、ふらついてあぶないから、休まされて。

タクシーで帰ってください、と言われたけど、バスで帰ってきた。。

入院した方がよかった。丁寧だし、痛みもなかった。食事の心配もない。

日帰りで節約できると思ったが、差額は8000円ほど。入院したくないけど、こんな痛い思いするくらいなら。

 

 

 

 

大腸内視鏡検査

暮らし 雑記 日記

 

f:id:happyengel:20170228102421j:image

 

大腸内視鏡検査、去年は入院したのですが、今年は、2回目でもあり、日帰りですることにしました。

近くに日帰りの上手な検査センターがあるのですが、そこで、一人暮らしは受付てもらえなかったので、入院させてもらえる病院を紹介してたらって。

一年目の予約で、病院に行き、大腸は調子良くて、憩室の痛みもないので、検査いらないと思います、と言うと、胃の内視鏡だけにしますか?別になるけど、と言われる。

胃の検査入りますか?

ピロリ菌が検出されたたから、毎年胃の検査はしないといけないと言われた。

 

f:id:happyengel:20170228102458j:image

どうせするになら、一緒にした方が良いと思った。

今回は二度目だから、日帰りで良いです、と言ってもらった。

旅先から持病の咳がひどくて、伸ばしてもらおうかと病院に電話したら、眠たくなる薬もいれるので、問題なければできます、と言われた。

 

2日ほど野菜はやめて、消化の良いものを食べて、前日は早めに夕食を済ませて、一時間後に、下剤を飲んだ。

 

f:id:happyengel:20170228102527j:image

50グラムの粉末を180ミリリットルに溶かして飲む。オレンジの味と書いているが、塩辛い。

早めにベッドに。昨日も、咳がひどくて寝てないから、寝られるはず。 

去年は夜中お腹が痛くなって起きたので、早く寝ておいた方が良い。

3時半に、目を覚まして、トイレに。それからまた寝て、5時45分に再び起きた。睡眠はしっかり取れたと喜んだけど。逆にやばいかも。

 

f:id:happyengel:20170228102614j:image

去年は、寝てなかったから、睡眠導入剤で、すっかり寝ていて何も知らなかった。病室に運ばれて、夜目を覚ましたので、楽だつたけど、医者によると、意識は分かっている人が多くて、痛いこともあると。病室にやって来た医師がそういうので、痛くないようにお願いします、と言った。

今年の同意書に、この病院は研修生を受け入れているので、研究生が検査することもあるので、と書いている。それが心配。

6時から、モビプレップを、少しずつ飲んで、水をその半分の量で飲む。

前日に、作って冷蔵庫に入れておくと飲みやすいと書いているので、冷蔵庫に入れていた。

2リットルのうち、1リットルを、一時間から二時間かけて飲む。

何度もトイレに行く。色が透明になるまで、飲み続ける。

 f:id:happyengel:20170228102844j:image

 

私の場合は、1リットルで、透明になった。去年も経験済みなので、どの程度なのかがわかる。

この液は、飲みやすいものではない。しかし、2年目というので、わかっているから我慢できる。

暖房しているのに、寒けがする。寒気が気になったが、1リットル飲んで、透明になった。

袋を片付けようとしてみると、次の症状があらわれたら、我慢せずに、服用を中止して、医師、看護婦に連絡してください、と書いている。

その中に、寒気がする、という項目がある。飲み終わってからわかってよかった。途中でやめているところだった。

今も寒気は収まらないが、寒気だけなので、大丈夫だろうと思っているが、医者も看護婦もいない。

一人でいるときは飲まないでください、と昨夜の下剤にも書いていた。

 

f:id:happyengel:20170228102716j:image

検査はこれからが本番。午後になる。それまで、水かお茶は飲める。

車では行けない。バスかタクシー。

寒気がする。くしゃみが出て、身体がぞくぞくする。

 

倉敷

グルメ 暮らし

f:id:happyengel:20170226102403j:image

 

岡山から、在来線に乗りかえて、倉敷に。

今日から、町家のお雛様が観られるというので、ひと頑張りして倉敷に足を伸ばした。

倉敷には、何度か来ている。

 

f:id:happyengel:20170226102417j:image

倉敷のアイビースクエアに泊まったこおもある。

友人と食べた、駅前の屋台ラーメン。

まだあるかなと思ったら、ありました。

50年続いているそう。夕方からしか開かない店。

商店街を歩くのは初めて。

 

f:id:happyengel:20170226102442j:image

あるある。お雛様を飾っている。

商店街のお店のお雛様が、店頭に飾られている。

倉敷のグルメを探したら、トップに、トンカツの店が載っていた。

 

f:id:happyengel:20170226101904j:image

なかなか入らない店だとか。開店は夜は5時。

 

f:id:happyengel:20170226101928j:image

お花様をみながら、景観地区を歩いていると、創作人形の展示会が、ひな祭りに合わせて。

 

f:id:happyengel:20170226101437j:image

 

f:id:happyengel:20170226101558j:image

 

f:id:happyengel:20170226101748j:image

力作揃いのお人形。魂が入っているような、鬼気迫るまのもある。

写真は禁止なので、撮れない。パンフレットからの写真。

 

f:id:happyengel:20170226101844j:image

懐かしい景観地区だけど、ここも忠告人の観光客が占領している。

 

f:id:happyengel:20170226101949j:image

1時間ほど歩いて、そろそろ、5時になりそうなので、店に行くと、先に待っている人たち。

 

f:id:happyengel:20170226102011j:image

近くのある、回転焼きの店の前で何人か焼きあがるのを待っている。

名物と書いている。

まだ、トンカツの店があいてないので、並んで買ってみた。父が好きな回転焼き。倉敷では、エビス饅頭という。

 

f:id:happyengel:20170226102128j:image

通常は太鼓焼きかな。

 

名代のトンカツの店は、カッパという名前。

カウンターがキッチンを囲むように並んでいて、テーブルは4つくらいの店。

私が入って、しはらくしたら、満席になった。

ベンチで待つ人も。

お店は家族で切り盛りしている。

 

f:id:happyengel:20170226102145j:image

名代のトンカツを注文。ご飯は小。赤ワインを一杯。

15分待って、テーブルにトンカツが運ばれて来た。

分厚くて、大きい。たっぷりと、デミグラスソースがかかっている。衣も大きい。

豚肉の中がまだピンクなので、これで大丈夫かと聞いたら、大丈夫と言われた。

 

f:id:happyengel:20170226102210j:image

ビーフと違って、パークは中までよく焼かないといけない。ピンクでうっすら赤いのが気になる。

しばらくすると、熱が回って、色が白くなるのもあつたけど、一部は、食べなかった。

肝心の自慢のソースは、はり重の方がずっと美味しい。

豚の味も劣る。キャベツの千切りは、甘さがなくて、美味しくない。

イカリのキャベツを食べている私は、キャベツに甘さがないと美味しく感じない。

 

f:id:happyengel:20170226102529j:image

 

 

どんなに美味しいのかと期待して、待って入った店。

確かに、客は多いし、美味しいと評判なのに違いないけど、私はさほどではなかった。

小さくてもいいから、黒豚を使って、衣は薄く。

キャベツの味は大切。

デミグラスソースは、美味しいし、惜しげなくかかっている。

 

f:id:happyengel:20170226102331j:image

あくまでも、はり重と比べないで、のこと。

値段が安くてボリウムあるので、人気なのかしら。

 

 

雑記 グルメ

f:id:happyengel:20170225141416j:image

 

呉に到着して、観光案内所で、地図をもらった。人気なのは、ヤマトミュージアム。

館内観るのに、1時間かかると言われてやめた。

無料の、鉄のくじら館、に入った。潜水艦な仲を見学できる。みなさん熱心にみているけど、私は興味なし。

 

f:id:happyengel:20170225141458j:image

 

f:id:happyengel:20170225145118j:image

船着場から、馬に浮かぶ艦船を観て、呉市立美術館に向かって歩いた。

美術館通りが素敵だな書いてたから。

 

f:id:happyengel:20170225141537j:image

両側に彫刻が10体。松とレンガが、派手さはなく、落ち着いた風情を見せている。日本の道100

選に入っている。

 

f:id:happyengel:20170225141601j:image

美術館の展示は、戦後の抽象。

数はないけど、関西の画家のものが多い。

白髪一雄、元永さんの絵画を、ここで観るのは奇遇。

 

f:id:happyengel:20170225145158j:image

美術館の近くに、入船山記念館。

外観は修理中だてど、中は見学出来る。

 

f:id:happyengel:20170225145229j:image

旧呉鎮守府司令長官官舎。洋館と和風の作りで、和室は、家族が使っていたもの。

f:id:happyengel:20170225145255j:image

 

f:id:happyengel:20170225145319j:image

 

戦艦大和の模型が飾ってあった。

 

f:id:happyengel:20170225145343j:image

 

歩いて駅に向かった。

2度目の呉、というタイトルで、飛行機の中にある、情報誌に、呉の美味しそうな店が載っていた。

どこかわからない。

呉の名物は、海軍カレーが知られているが、肉じゃが美味しいと書いていた。

呉の情報誌にも、肉じゃがの発祥地として載っている。

他に、ロールキャベツ、鯨カツ。オムライス。

 

f:id:happyengel:20170225150226j:image

 

どれも、実家の好物。祖父から、父に受け継がれた、食の好み。

呉に近くなって、私の名字と同じ文字の薬品会社の名前。

広島駅からで、お腹空いて、カープ名物との、クリームパンというのを買った。

とても美味しい。私の好物。亡くなった叔母も大好きな。

クリームは、シュークリームに似ている。溶けそうな味というキャッチフレーズは、嘘じゃない。

f:id:happyengel:20170225150432j:image

クリームぱんも、父の大好きなパン。

 

福山城を見て、呉に

グルメ 暮らし

f:id:happyengel:20170225104352j:image

 

昨夜も、ベッドで熟睡した感じがない。先日からアレルギーが出てて、のどがはしかくて、咳が出る。

部屋は広くて、一階にあるので、出入り便利な反面、防犯上不安。

朝早くから、起きて、無料の朝食を食べに。

 

f:id:happyengel:20170225104411j:image

 

f:id:happyengel:20170225105302j:image

サラダに、ヨーグルトをたっぷりかけて、クロワッサンを二つ。また、食べ過ぎ。

ホテルを出て歩く。快晴の模様。

福山城が見たくて、福山に泊まった。

 

f:id:happyengel:20170225104432j:image

駅までの17分の歩きは、気にならない。

福山美術館と文学館がある。でも、時間ない。

 

f:id:happyengel:20170225104448j:image

公園から入って、天守閣を見て、そのまま、駅に急いだ。

 

f:id:happyengel:20170225105418j:image

 

f:id:happyengel:20170225104505j:image

呉を一度見たいと思つていた。

下関も気になるが、今朝のテレビで、今日から、倉敷で、お雛様も展示が始まると言ってた。まずは、広島経由で、呉に行く。

のんびりした、鈍行。福山から広島への新幹線の方が時間が短い。40分ほどで、呉に着く予定。日差しが眩しい。

 

普通列車、ひろ行き。

 

f:id:happyengel:20170225110128j:imagef:id:happyengel:20170225110222j:imagef:id:happyengel:20170225110252j:image

 

父の名と同じ名前。おじいちゃんが、そう呼んでいた。

呉造船の、設計製図の仕事をしていた祖父。

大人び

グルメ

 f:id:happyengel:20170225083900j:image

 

60才以上のひとなら、ジパングクラブに入ると、JRの乗車券が、3割引きで買えることは、皆知っている。

50才以上のひとなら、誰でも使える大人びは、まだ知らない人が多いののではないかと思う。

今回の乗車券、大人びで、三日間の、西日本乗り放題のチケットを使っている。18000円で、乗り放題。

博多座がはねて、昨日、沢山の人が並んで待っていた、鉄なべの、餃子を食べるつもりだったが、5時から開店。

 

f:id:happyengel:20170225082014j:image

お腹空かして、博多から、小倉に。下関が見たかったのだけど、時間が合わなくて、ちょっと小倉に降り立った。くまモンのぬいぐるみが、駅のイベントに参加していて、

人気者ぶりを発揮。

 

f:id:happyengel:20170225082207j:image

小倉から、今夜の宿、福山に行くのに、これも、電車の関係で、早めに行く。

このチケットは、さくら、には乗れない。のぞみには乗れる。

 

f:id:happyengel:20170225082125j:image

福山について、ホテルのブェッセル福山まで、歩いて18分。

繁華街から、離れて、ホテルの前に、ゆらら、というスーパー銭湯がある。

温泉と間違えて予約。スーパー銭湯だつた。

ホテルに宿泊している人は

割引で550えんで、手ぶらコース。

 

f:id:happyengel:20170225082316j:image

お風呂に入って、食事してくる人が多いです、と言われた。あたりに、居酒屋もなさそう。すき家があるが、行きたくない。

お風呂に入って、何か食べようと思ったけど、あまり食べたいものがない。隣のスーパーで、水と一緒に、ワインを買っているので、コンビニに行って、サンドイッチと唐揚げを買って、ホテルで食べることにした。

せっかく、福山にいて、なんということ。コンビニで、夕食の準備。

f:id:happyengel:20170225082413j:image

ホテルの部屋はは広くて、値段も安い。利用した人の評判がいいので、ここに決めた。やはり、駅前にすべきだった。福山は、城下町だから、その近くには、手頃な店があつたはず。

博多では、人気の居酒屋を探して、行った。

 

評価点が、4.2の店。

f:id:happyengel:20170225082526j:image

 

 

f:id:happyengel:20170225082553j:image

 

f:id:happyengel:20170225082623j:image

沢山食べられないし、生物は食べないので。鳥の水炊き、博多名物のコイモが沢山入った、筑前煮、突き出しのポテトサラダ。これだけで、充分だった。

 

f:id:happyengel:20170225082656j:image

行き帰りに、鉄なべ、の餃子の店が、味自慢。

食べたかった。でも、お腹に入りそうもないので、諦めた。

 

f:id:happyengel:20170225082827j:image

ホテルの朝食は、控えめに食べるつもりだつたのに、少しづつにしてと、満腹。福岡のいちごをお代わり。ヨーグルトにいちごをかけたくて、またお代わり。ワッフルもコーヒーと。ついでに小さいからクロワッサン。サラダを二杯。

 

ドーミーインは、朝食の種類が多くて、朝も良いので人気。夜の無料ラーメンも好評。

 

f:id:happyengel:20170225082910j:image

f:id:happyengel:20170225082933j:image

 

f:id:happyengel:20170225082955j:image

 

f:id:happyengel:20170225083019j:image

我ながらの、口卑しさに悲しくなります。

 

昼食は、お腹空かなくて、博多座の中では食べられそうもなく。

3時に終わって、鉄鍋の餃子を小腹にと思ったのですが開いてない。

中途半端な時間に食べたら、夕食たべられなくなるから我慢して、

それで、コンビニ。

猿之助の、男の花道。博多座

歌舞伎

f:id:happyengel:20170224172601j:image

 

昼の部は、男の花道と、艶姿澤瀉屋祭、の豪華な

二本立て。

猿之助の魅力を存分に引き出す、男の花道は

私の大好きな演目。

今回は、平岳大が、オランダ医学を学んだ、医者に扮して、猿之助演ずる、加賀屋歌右衛門の眼を治す、相手役を務めている。

 

f:id:happyengel:20170224172615j:image

劇中劇のある、お芝居が、昼夜共入っていて、猿之助のお芝居を倍楽しめる。

艶姿澤瀉屋祭は、幹部総出演、と書いてある通り、

全員が、何度も衣装を変え、何回も出て、艶やかな踊りを披露。

 

f:id:happyengel:20170224172632j:image

勿論、その中心は、猿之助。早変わりのやうに、衣装を変えては、美しい舞いを披露。

伝統的なスタイルから、一変して、レビューになつたり、フラメンコのタップダンスを、平岳大が踊らされたり。

 

f:id:happyengel:20170224172649j:image

猿之助の演出は、奇想天外、ジャンルを超えて、面白いと思ったら、どんどん進化させていく。

猿之助自身が楽しんで、出演者全員を巻き込んで、休ませないで、できるだけ、舞台に立たせる努力を惜しまない。

座員も皆、恥ずかしさを乗り越えて、未知の自分を発見している。

 

f:id:happyengel:20170224172711j:image

出演者が楽しく、乗っているから観客も、一緒になって楽しめるのではないか?

昼の舞台は、全員が、全出演という、忙しさ。

衣装など、費用もかかっている、ファンへのお年玉のような舞台。

 

f:id:happyengel:20170224172733j:image

終わりたくないという気持ちが、全面的に出た舞台。

 

f:id:happyengel:20170224172826j:image

二階の4列目は、とても見やすくて、断然おすすめ。

三列目までa席の、14500円、その後ろはb席で、9000円。平日は、博多座までくると、結構席が空いている。往復の交通費がいるけど。

 

 

こんなに素晴らしい舞台なのに、勿体無い。